Anker/アンカー【第2世代】Soundcore Liberty NEOのバッテリー消耗はほぼ公称値です!

独立型ワイヤレスイヤフォン、Anker【第2世代】Soundcore Liberty NEOを購入してから2週間が経ちました。ここでバッテリーの消耗度合いについてレポートします。

12月8日(日)の夜、東海道新幹線の乗車前後にSoundcoreのバッテリーの消耗度合いを確認しました。

画像で確認します。画像は全てクリックで拡大表示されます。

17時58分 100%(フル充電状態)

soundcore_17時58分_2019年12月08日

東海道新幹線に乗車する約1時間前に100%のフル充電でこの時点からSoundcoreのイヤフォンを使用し始めました。このあと21時40分まで使用を継続します。(新幹線乗車前)

 

 

 

 

 

20時53分 40%(60%の消耗)

soundcore_20時53分_2019年12月08日

17時58分時点から175分(2時間55分)で60%の消耗です。これで1時間あたり20.57%の消耗になります。この状況から4時間51分の使用が可能と考えられます。(新幹線乗車中)

 

 

 

 

 

 

21時40分 30%(70%の消耗)

soundcore_21時40分_2019年12月08日

17時58分時点から222分(3時間42分)で70%の消耗です。これで1時間あたり18.91%の消耗になります。この状況から5時間16分の使用が可能と考えられます。(新幹線降車後)

 

 

 

 

 

まとめ

公称値がフル充電で約5時間と謳われていますが、以上の状況からほぼ公称値通りと想定できます。まだ1回の測定ですので、今後も機会があればできるだけ条件を揃えて測定を行います。

なお、iPhoneのウィジェットに表示されるバッテリーの残量がどこまで正確なのかはわかりませんので、全体の数値についてはおおよその数値であることをご理解願います。

現時点での結論としては公称値通りのバッテリーの消耗状況であると言えます。Anker社がモバイルバッテリーで定評があるだけに信頼性が高いのではないかと考えられます。

この状況がいつまで続くのか、という点も興味深いのですが、この検証は1年、2年単位で見ていく必要があります。

関連記事:Sony "Link Buds S"初期レビュー!ノイズキャンセリングと音質がイイ!

関連記事:Ankerのワイヤレスイヤフォン【第2世代】Soundcore Liberty Neo コスパがとてもイイ!

<ガジェットブログ:Tangerine>


-オーディオ
-, ,

© 2022 ガジェットブログ:Tangerine Powered by AFFINGER5