mineoはVoLTE対応SIMと通常のnanoSIM選択に注意!

格安SIMのmineo、シングルプラン(データ通信専用プラン)の申し込みをしました。通信速度が500Kbpsでデータ消費量に制限のない「パケット放題」というオプションを検証するためです。

料金プランはAタイプ(au回線)シングルで月間500MBのプランで月額700円とパケット放題月額350円の組み合わせで月額1,050円(税別)です。これで実際の通信速度や動画がどこまで楽しめるのか検証します。

以前、UQモバイルの無制限プラン(500Kbps)を検証したことがありました。通信速度も動画も使用上の課題はありませんでしたが、料金が少々お高くて、月額で1,980円(税別)でした。データ消費量無制限とはいえ通信速度が500Kbpsで1,980円はリーズナブルとはいえません。

今回は基本プランとパケット放題の両方で月額1,050円ということでお安く運用できることもあり、検証しました。

注意点としては"VoLTE SIM"、"nano SIM"の選択を間違えないことです。私はau回線を選択したので、"VoLTE SIM"を選択すべきところ"nano SIM"を選んで失敗しました。

【格安SIM】mineo"パケット放題"導入失敗談!

失敗談も含めて共有します。

mineoはdocomo、au、Softbankとマルチキャリアで展開しています。私はdocomoとauで試したことがありましたが、いずれも良い思い出はありません。昼の時間帯の通信速度の遅さには閉口したものです。そこで今回もやや懐疑的ではありますが、ずいぶん時間が経過していることもあり検証することにしました。

SIMが届いてから早速、サブで使用しているmoto G7にSIMカードをインストール。ところが電波状況が不安定でなかなか満足に検証することができませんでした。何とか通信速度が公称値の500Kbps近くまで出ていることが確認できました。

ところがその後、突然電波を失う状況が頻発しました。APN設定を何度やり直したり、電源再起動をしたり、SIMの抜き差しを試しましたが改善しません。いろいろ調べたところでその原因が判明しました。

私が検証で使用する moto G7ではau VoLTE SIMが必要なのに届いたSIMは通常のau nano SIMだったのです。完全に私の初歩的なミスです。そこで費用はかかるもののSIMの変更を申し込み。申し込みから2日後に新しいSIMが届きました。

mineo_sim_choice_volte

 

 

 

 

 

左側の"au VoLTE対応SIMカード"が正しい選択です。

早速、SIMを入れ替えて回線切り替えをすると30分程度で回線の切り替えが完了しました。

ということで動画サービスの検証です。

mineo"パケット放題"検証結果

まずは通信速度測定から

実際に500Kbps前後の速度であることが確認できました。公称値から大きな乖離はありません。

次にサービス別の視聴状況です。なお、私が検証した時間、場所の通信環境に基づきますので通信環境や電波状況よって実際の動画再生の品質などが異なる可能性があります。

①Youtube

ほぼ問題なく視聴できます。先読み(バッファリング)に数秒から10秒程度の時間がかかりますし、動画の再生開始直後に動画がわずかに停止することもありましたが、そうした状況は時折発生する程度ですので、ストレスを感じるほどではありません。Autoの設定で画質は240pから360pの画質で視聴できます。スマートフォンでもタブレットでも使用感に差はありません。

mineo_packetfree_quality

 

 

 

 

 

 

②NETFLIX

YouTubeに比べると、先読み(バッファリング)の所要時間が長いように感じますが、画質は綺麗です。アプリの仕様上、画質の調整や確認はできませんが、こちらもストレスを感じることはありませんでした。おそらく最適化の技術が高いのではないかと想定しています。スマートフォンでもタブレット端末では使用感に差はありません。

③HULU

残念ながら、HULUについては動画の途中で停止する状況が頻繁に見られます。使用に耐えるレベルではありません。画質は悪くありませんし、画質の選択もできますが、その効果はありません。低画質モードを選んでも途中で止まってしまいます。なお、HULUにはリアルタイム配信というものがあり主にニュースやドキュメンタリーが中心ですが、こちらは画質が著しく低下することがあるものの動画が途中で止まることはありませんでした。

④Amazon Prime Video

動画の先読み(バッファリング)についてはYouTubeやNETFLIX同様いくらか時間がかかりますし、最初は画質が安定しませんが、時間経過とともに安定した画質で視聴できます。ただし通信の状況によって安定せずに停止する場面が見られました。またスマートフォンよりタブレット端末での視聴には難があります。

⑤Abeam TV

画質は安定ませんが、視聴は可能です。リアルタイム報道であることにも要因があるように思います。HULUのリアルタイムと似た状況です。タブレット端末で視聴すると停止する場面がありました。

⑥TVer

使い物になりません。番組前のCMの時点で何度も動画が停止します。相当ストレスが溜まる状況です。検証では

番組まで届かずに途中で検証をやめるような状況でした。

⑦WEBサイトの閲覧

ページ全体を読み込むまでにいくらか時間がかかります。WEBサイトの特性上500Kbpsでは力不足という状況です。これは閲覧できないという意味ではありません。ページの一部や画像などの読み込みに時間がかかったり、ページ上部は素早く読み込むが、ページをスクロールしていくとページが読み込まれていなくて表示されないという状況が見られます。

速度とサービスの関係

動画を見るにしてもWEBサイトを閲覧するにしても、「通信速度」は重要です。速いに越したことはありません。一方でコストとデータ量の上限を気にしておく必要があります。今回はmineoの「パケット放題」という速度制限をすることでデータ使用量の上限を気にすることなく使用できるという点がメリットです。ところが速度という点では500Kbpsというのは一見、十分で無いように感じるかもしれません。

スマートフォンという前提はありますが、動画の場合、画質に拘らなければ500Kbpsという速度は何とも絶妙な速度です。経験上、動画は画質へのこだわりがなければ500Kbpsで最小限の要件は満たしていると理解しています。サービスによって使い辛さを感じることがありますが、許容範囲に入る動画サービスも多く、特に私が多用するサービスでは概ね問題ない状況でした。タブレット端末では視聴に難があり停止する場面が一定程度ありました。あくまでもスマートフォン向けと感じました。

またWEBサイトの閲覧については少々難を感じるところがあります。動画のように先読みをしながら展開する仕組みと違いWEBサイトは一度に多くの情報が完全な形で画面に表示されないと強いストレスを感じます。この点において500Kbpsという速度はWEBサイト閲覧向きとは言えません。個人差はありますが、800Kbps以上は欲しいところです。他社の格安SIMで検証すると800Kbps以上の速度があればWEBサイトの閲覧で強いストレスを感じることはありません。

とは言え全体的にはコストと速度のバランスが取れていて、とても良いサービスであるといえます。

「パケット放題」を"ON"にして動画を楽しみ、WEBサイトを閲覧するときは「パケット放題」を"OFF"にして使い分けるという方法もアリだと思います。切り替えは"mineoアプリ" で簡単に変更できます。

mineo_packetfree_on

 

 

 

 

 

 

 

"mineoスイッチ節約"を"ON"にすると「パケット放題」が"ON"になり500Kbps前後の速度に制限され、データ消費量がカウントされません。(「パケット放題」オプションの契約が必要)

 

mineo_packefree_off

 

 

 

 

 

 

 

"mineoスイッチ節約"を"OFF"にすると「パケット放題」も"OFF"になり速度制限が解除され、データ消費量がカウントされます。

 

シングルタイプ(データ通信専用)であれば月間のデータ量500MBのプランを選べば「パケット放題」のオプションを付けても月額で1,000円を少し超える金額で運用できるのはユーザーにとってはコスト面で貢献できるでしょう。

デュアルタイプ(音声通話付き)でもデータ量500MBのプランであれば1,700円程度(Aプラン)で運用することができます。

まとめ

「パケット放題」の利点はオプション料金が安く、データ量を気にすることなく利用することができるということです。速度が早いわけではありませんが、こだわりがなければ十分使用に耐えるでしょう。高速で使用する必要がある場合も3GBや6GBのプランと組み合わせ、「パケット放題」の"ON"と"OFF"を切り替えて使用する方法も視野に入ります

「パケット放題」は速度をおさえることでデータ量を気にすることなくサービスを楽しむことができます。したがって利用するサービスは限定されません。サービスやそれぞれのアプリの特性によっては使いにくいサービスもありますが、汎用性が高く、使い勝手は良いです。

一方で他社で見られる「特定のサービスに限ってデータ使用を消費しない(ノーカウント)」オプションとは性質が異なりますので選択に迷う場合は自身の利用サービスの範囲を考慮する必要があるでしょう。

他社サービスとの比較や高速移動時の検証は別の機会に譲ることにします。

<ガジェットブログ:Tangerine>


-mineo
-, ,

© 2022 ガジェットブログ:Tangerine Powered by AFFINGER5