mineo

mineo"マイピタ+パケット放題Plus"は使い放題でテザリングもできる!

人気格安SIMのmineoが"パケット放題Plus"で事実上使い放題になり、使いやすくなりました。

この記事ではオススメの格安SIM”mineo”(マイネオ)についてメリットや注意点をふまえて紹介します。"マイピタ"、"マイそく"の2つのプランの使い勝手や"パケット放題PLUS"オプションの使い心地について解説しています。

筆者は2022年5月1日から"iPhone13 mini"のメイン回線としてmineoの料金プラン"マイピタ"の20GBのプランで"パケット放題PLUS"を無料で利用しています。テザリングもできるのでモバイルルーターとしても使えます。

さらに"iPad mini(第5世代)"では"マイそく"プランを利用しています。

mineoの特徴

✔︎ パケット放題Plusオプション(最大1.5Mbps)でほぼ使い放題になる
✔︎ 混雑時間帯を除くと安定した速度で通信できる
✔︎ 中容量ユーザー向け(月間10GB〜20GB)
✔︎ 小容量プラン料金は割高
✔︎"マイそく"は月〜金曜日の昼12時台の超低速を無視できるユーザー向け

"mineo"には"パケット放題Plus"という通信速度が1.5Mbpsでデータ消費をしない、ほぼ使い放題になるというオプションがあります。
◆1.5Mbpsの速度は速くないが一般的な使い方では十分
対象サービスやアプリが限定されない
◆リモートワークやファイルダウンロードには不向き
◆テザリングにも使える

“パケット放題Plus”は月額費用が385円(税込)で提供されます。

月間10GB(税込1,958円)と20GB(税込2,178円)のコースでは"パケット放題Plus"の月額費用の385円が無料になります。中容量ユーザーにはメリットの大きいオプションです。

サービス開始以降に通信速度を測定すると平日の昼12時台などの混雑する時間帯を除くと1.5Mbps前後の速度を維持しています。(筆者の実測値)

2022年3月7日(月)から新料金プラン「マイそく」が追加提供開始になりました。「マイそく」の料金プランは1.5Mbps(月額990円)または3Mbps(月額2,200円)で使い放題です。「マイそく」の注意点は祝日を含む月曜日から金曜日の12時〜13時が"32Kbps"という超低速になることです。

"マイそく"はデータ通信が少なく平日の昼12時台にあまり使わないユーザー向けです。通信速度は遅いですが、月間のデータ消費量を気にしなくて良いのがメリットになります。

平日(2021年6月27日)のパケット放題PLUSの通信速度を掲載しますので参考にしてください。(mineoのAタイプ/au)

種別 午前7時台 午前8時台 午前11時台 12時30分頃 午後1時台 午後5時台
パケット放題Plusオン 1.5Mbps 1.4Mbps 1.5Mbps 330Kbps 1.6Mbps 1.4Mbps
パケット放題Plusオフ 32Mbps 120Mbps 25Mbps 340Kbps 6.6Mbps 44Mbps

上記の速度を見るとパケット放題PLUSは昼の12時台を除くと公称値の1.5Mbps前後を維持しています。

1.5Mbpsの速度でほぼ使い放題になれば、通信データ量を抑えたい方にはピッタリです。

mineoの注意点は、平日昼12時台の通信速度が遅くなる、"パケット放題Plus"は3日間で上限10GBのデータ量の制限があるということです。

1.5Mbpsという速度は"パケット放題"の500Kbpsと比べると、かなり使いやすいです。

ただし、リモートワーク、特に容量の大きいファイルの取り扱いには難がありますので、この点は注意が必要です。

mineoは"パケット放題Plus"がおすすめポイントになります。

mineoのおすすめポイント"パケット放題Plus"と注意点

iPhone

おすすめポイント/動画視聴の状況

✔︎ "パケット放題Plus"オプション(最大1.5Mbps)を利用するとデータ消費をカウントしません。YouTubeでは高画質は望めないものの、ストレスなく視聴することが可能です。

筆者が”パケット放題Plus”をオンにした時の視聴状況を以下にまとめました。

動画サービス 視聴の快適さ
YouTube 最初の読み込みに数秒かかるが、視聴自体は快適。画質は240p〜720pで変化あり
NETFLIX 最初の読み込みに数秒かかるが、視聴自体は快適。画質は良い。
Apple TV+ 最初の読み込みに数秒かかるが、視聴自体は快適。画質は良い。
Amazon Prime Video 最初の読み込みに10秒程度かかる。画質はNETFLIX、Apple TV+ほどではない
TVer 最初の読み込みに10秒以上かかる。画質は悪い。

対象サービスが限定されないのもうれしいメリットです。

ファイルのダウンロードやアップロードもデータ消費されません。

"パケット放題Plus"には3日間上限10GBのデータ量の制限があります。制限後は最大200Kbpsの通信速度になります。

その他のおすすめポイントとしては

✔︎ "フリータンク"、"パケットシェア"、"パケットギフト"などパケットを分けあうサービスが充実
✔︎ 端末の動作確認や不具合情報の提供などが迅速
✔︎ 毎月、通信速度のレポートが公表される
✔︎ オプションが充実している

注意点

✔︎ 平日昼12時台の通信速度低下が著しい

Aタイプ(au)の例では300〜400Kbps前後を示すことが多く、時折200Kbpsまで低下することがあります。

"パケット放題Plus"は”最大”1.5Mbpsでも常に帯域(速度)が確保されているわけではありませんが、混雑する平日昼12時台を除くと十分な通信速度が維持されます。

"パケット放題Plus"はリモートワークには不向きです。
実際に試してみましたが、容量の大きいファイルのダウンロード・アップロードには相当時間がかかりますし、ウェブ会議なども不安があります。データ転送の遅さにはかなりのストレスがありました。

重要な取引の局面ではリスクがありますので、あくまでもプライベートで楽しむのがメインと考えた方がイイです。

リモートワークで使いたいなら"パケット放題Plus"が無料になる月間10GBまたは20GBのプランを契約して、"パケット放題Plus"オフでリモートワーク、"パケット放題Plus"オフでプライベートといった使い分けになるでしょう。

mineoの料金体系

mineoは特別お安い格安SIMというわけではありません。

標準的な格安SIMの料金ですが、キャンペーンなどの機会を利用して乗り換えるのもイイでしょう。

月間データ量 料金(税込) 備考
1GB 1,298円
5GB 1,518円
10GB 1,958円 パケット放題PLUS月額385円が無料で利用できる
20GB 2,178円

1GBのプランは割高ですが、ミドルユーザーなら10GBまたは20GBのプランにすれば"パケット放題Plus"が無料なのでお得感があります。

また、関西地方のユーザーはケイ・オプティコムのeo光とのセットで330円の割引の適用が受けられます。「eo×mineoセット割」は1回線まで自動で永年割引です。

大きなサイズのファイルなどのデータ通信が少なくコストを意識するのであれば、5GBのプランを選択したいところです。

5GBまでのプランは”パケット放題Plus”が385円(税込)ですので、わずかな価格差が気にならなければ”パケット放題Plus”が無料になる10GBのプランが1番"おいしい"かもしれません。

このようにデータ消費を気にしたくないのであれば10GBのプランがベストな選択です。さらに月額220円の差を気にしないのであれば20GBのプランも視野に入ります。

私の場合は”パケット放題Plus”機能を常時"オン"にしていますので、パケットの消費はしていません。それでも動画視聴やWebサイトの閲覧での不満はありません。

さらに2022年3月7日より新しいプランが追加されました。料金プラン名は「マイそく」です。

「マイそく」プラン 通信速度 月〜金の12時から13時 月額料金
スタンダード 1.5Mbps 32Kbps 990円
プレミアム 3Mbps 2,200円

※3日間10GBの制限があります。

このプランは一般的な利用では問題がありません。ただし、昼12時台の速度制限はかなり悩ましいといえます。「マイそく」契約のオプションである「24時間使い放題」(日額330円)を利用すれば当日の昼の速度制限、3日間10GBの制限は解除されます。

使い勝手は良さそうですがユーザーを選ぶプランとなっています。

2022年3月1日(火)から新たな通話オプションが開始されます。「10分かけ放題」(月額550円)と「時間無制限かけ放題」(1,210円)です。こちらは専用アプリではなくスマートフォン純正電話ぷりで利用が可能です。そこそこ電話を利用するユーザーには便利ですね。

mineoの特徴

通信速度

平日昼の混雑時間帯の速度が400Kbps前後になることがあり著しく低速になることがあります。

2021年春以降は改善されてきたものの混雑時間帯以外の通信速度が安定しているだけに昼の混雑時間帯の通信速度が改善してほしいポイントです。

この状況は"パケット放題Plus"をオンにしていても同じです。

平日昼12時台の混雑時間帯以外はとても快適なので、昼12時台の通信速度の低下が気にならなければとても使いやすい格安SIMといえます。

またmineoは月単位で通信状況を公表しています。

こうしたデータを確認することでmineo選択の参考にすることができます。

毎月、データが公開されており通信速度に幅がありますので、契約前に確認しておくと良いでしょう。以下リンク先を参照してください。(mineoのWEBサイト)

mineoの通信速度状況

mineoのオプション

"パケット放題Plus"オプションでYouTubeや音楽配信等のデータ消費量がカウントされないので、ギガを使い切ってしまわないか、という心配がありません。

最大1.5Mbpsという通信速度の限界はありますが、YouTubeや音楽ストリーミング配信など対象サービスが限定されないのがうれしいところです。

必要に応じて"パケット放題Plus"をオフにして通常の速度で利用するなど工夫すれば精神的ストレスも軽減されます。

"パケット放題Plus"のオン・オフの切り替えはアプリで簡単にできます。

"パケット放題Plus"のオプション価格は月額385円(音声通話SIMの場合/税込)です。
パケット放題関連記事→格安SIM データ・パケット使い放題4社比較とmineo"パケット放題"の限界

実際に私が使用したところ、YouTubeは問題なく利用できています。

さらにNETFLIX、Amazon Prime Video、TVer、Apple TVでも動画視聴ができました。画質については高画質を求めるのは難しいですが、ストレスを感じることはありませんでした。

取扱い端末

提供している端末はiPhoneをはじめそこそこ豊富に取り揃えています。最近iPhone SE(第2世代)の取り扱いが始まりました。

価格帯は1万円台からハイエンドはiPhoneの10万円超えまで幅広く取り揃えられています。

価格設定は特別安いというわけではありません。

端末をご自分で用意する場合であっても動作確認されている端末がたくさんありますので困ることはないでしょう。
※動作確認端末(検索ページ)はこちら

mineoのまとめ/昼の混雑時を除くと使いやすい

通信イメージ画面
mineoは端末も含めてお安くまとめることができます。 平日昼12時台の通信速度低下だけが"残念"という評価です。

私自身は試していませんが、D(docomo)タイプ、S(SoftBank)タイプの回線を選べば速度低下は穏やかと想定できます。

オプションやサポートが充実しているので、平日昼12時台の通信速度低下が気にならなければ、とても使いやすいです。

とにかくYouTubeをたくさん見る、音楽配信サービスをたくさん利用するけど価格をおさえたいという方に適しています。

<ガジェットブログ:Tangerine>



-mineo
-, , ,

© 2022 ガジェットブログ:Tangerine Powered by AFFINGER5