eSIMクイック転送:iPhone利用者にとっての実用的なメリットと使い方解説

"eSIMクイック転送"、その名の通りiPhoneの機種変更の際にiPhoneからiPhoneに通信SIMの転送を簡単に行うことができます。eSIMクイック転送は、従来のSIMカードの切り替え手続きを一新し、通信プロバイダーの変更やデバイスの移行を驚くほど簡単に行えるようになりました。この記事では、eSIMクイック転送についての基本的な情報を提供し、iPhone利用者にとっての実用的なメリットとその効果的な使い方に焦点を当てます。この記事を読むことで、eSIMクイック転送について一定の理解を頂ければと思います。

eSIMクイック転送のメリット

eSIMクイック転送は、従来のSIMカードの切り替え手続きを大幅に簡略化し、iPhone利用者に多くの利点をもたらします。まず第一に、SIMカードからeSIMへの移行、eSIMからeSIMへの端末間の移行が非常にスムーズに行えます。新しい通信プロバイダーに切り替える際、クイック転送機能により、データは迅速かつ完全に新しいデバイスに移行されます。

さらに、通信プロバイダーの切り替えが簡単で手間なく行えるのも大きなメリットです。物理的なSIMカードの交換や設定の手間が省けるため、いつでもどこでも新しいプロバイダーに切り替えることが可能です。また、eSIMクイック転送により、複数のeSIMプロファイルをデバイスに追加し、必要に応じて簡単に切り替えることができます。これにより、海外への出張や旅行時に地域別の通信サービスを利用する際にも便利です。

総括すると、eSIMクイック転送はiPhone利用者にとって非常に便利で実用的な機能であり、SIM移行のスムーズさや通信キャリアの柔軟な切り替えが可能になります。

注意点とセキュリティ

eSIMクイック転送は便利で使い勝手が良い一方で、注意点やセキュリティ上のリスク課題があります。まず、セキュリティ面では、eSIMプロファイルの管理に注意が必要です。デバイスに登録されたeSIMプロファイルは、個人情報や通信履歴などの機密情報を含む場合があります。そのため、第三者からの不正アクセスや情報漏洩を防ぐために、デバイスのセキュリティ設定を適切に管理することが重要です。

ただしセキュリティについてはユーザー側で対処するものではなくキャリア側で対処がなされるものです。そうした背景もありキャリア各社は導入に慎重で会ったことがうかがえます。現時点ではeSIMクイック転送に対応しているのは日本国内ではキャリア4社のみとなります。

また、eSIMクイック転送を行う際には、プロファイルの切り替えが正常に行われるかを確認する必要があります。通信が切り替わらない場合や、プロファイルの追加や削除がうまくいかない場合があります。これらの問題が発生した場合には、デバイスの設定を再確認したり、通信プロバイダーに問い合わせたりすることが必要です。

特にSIMカードからeSIMの転送は切り替えが正常に行えないと元のSIMカードに戻ることができませんので、eSIMクイック転送を行う際には、通信キャリアが提供するサポート情報やガイドラインに従うことが重要です。正しい手順で操作を行わないと、デバイスや通信サービスに問題が生じる可能性があります。そのため、安全かつスムーズなeSIMクイック転送を実現するためには、事前に関連する情報をよく理解し、適切に対処することが必要です。

使い方ガイド

ここからは各キャリアのeSIMクイック転送に関する要約情報です。対応するiOSのバージョンや対応機種の情報がありますので、各キャリアのウェブサイトで十分に確認してください。

docomoのeSIMクイック転送

https://www.docomo.ne.jp/support/uimcard/esim/iphone_transfer/

受付時間 終日

対応OS:iOS16.4、iPadOS16.4以上

以下対応機種

iPhone 11以降
iPhone SE(第3世代)

11インチiPad Pro(第2世代以降)
12.9インチiPad Pro(第4世代以降)
iPad Air(第4世代以降)
iPad mini(第6世代)
いずれも日本国内発売に限る
iPad-iPhone間は非対応
SIMロック解除済みの端末に限る
eSIMクイック転送後は元の端末のSIMが無効となる

ahamo
https://ahamo.com/flow/how-to-change-esim/index.html

irumo
https://irumo.docomo.ne.jp/flow/how-to-change-esim/index.html

auのeSIMクイック転送

https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/sim/

受付時間 1:00-2:00、7:00-23:00

iOS16以上
iPadOS17以上

いずれも日本国内発売に限る
iPad-iPhone間は非対応
SIMロック解除済みの端末に限る
eSIMクイック転送後は元の端末のSIMが無効となる

povo
https://povo.jp/procedure/switch/esim_transfer/

UQモバイル
https://www.uqwimax.jp/mobile/support/procedure/esim/

SoftbankのeSIMクイック転送

https://www.softbank.jp/mobile/support/product/sim/esim/quick-transfer/

受付時間 情報なし

iOS17以上
iPadOS17.2以上

11インチiPad Pro(第1世代以降)
12.9インチiPad Pro(第3世代以降)
iPad Air(第3世代以降)
iPad mini(第5世代以降)
iPad(第7世代以降)

いずれも日本国内発売に限る
iPad-iPhone間は非対応
SIMロック解除済みの端末に限る
eSIMクイック転送後は元の端末のSIMが無効となる
副回線は転送対象外

楽天モバイルのeSIMクイック転送

https://network.mobile.rakuten.co.jp/guide/iphone/setting/esim-upgrade/

受付時間 情報なし

iOS 16以降
iPadOS 記載なし

iPhone11以降
iPhoneSE 第3世代

いずれも日本国内発売に限る
iPad-iPhone間は非対応
SIMロック解除済みの端末に限る
eSIMクイック転送後は元の端末のSIMが無効となる
副回線は転送対象外

まとめ

eSIMクイック転送は、iPhoneの機種変更の手続きをシンプルにするものです。SIM移行がスムーズで通信キャリアの切り替えが簡単に行える一方、正確な操作が重要です。適切な情報と管理があれば、この革新的なテクノロジーを安全かつ効果的に活用できます。

参考記事:iPhone機種変更時の注意点|LINE、iCloud写真、モバイルSuica

-トピックス(キャリアと格安SIM)
-, , ,