AppleCare(サポート)

AppleCare+(延長保証)は要りますか?実例で必要・不要を徹底解説!

Appleの延長保証"AppleCare+"(アップルケアプラス)の加入を迷っていませんか?この記事では有料の延長保証"Apple Care+"の要・不要について、保証範囲、故障率さらに筆者の実例をもとに説明します。

AppleCare+必要ですか?Apple歴20年の結論イメージ画像

"AppleCare+"(アップルケアプラス)は通常の1年保証にはないメリットがあります。

"AppleCare+"には期間延長されたハードウエアの保証とテクニカルサポートがあります。テクニカルサポートは製品の扱いや設定に不慣れなユーザーにとってメリットの大きいサポートです。

また保証期間内なら劣化によるバッテリー交換が無償になったり、過失による画面割れなどの損傷が割安で修理できるというメリットがあります。

ただし、こうした保証も回数制限や保証金額の上限など諸条件があります。また、実際にどれくらい故障するのか?、落としたりぶつけたりして損傷することがどれくらい起きるのかなどよく考えてから"加入する・しない"を決めましょう。

私はMacを20年以上、iPhone・iPadを10年以上使ってきました。過去に数回"Apple Care+"に加入しましたが結局、費用面だけ考えるとメリットはありませんでした。→筆者の実例

"AppleCare+"は保険ですので損得勘定で考えるものではありませんが、次のように考えることができます。(※個人の経験に基づく見解です)

✔︎長期間(3年以上)の使用で修理を想定→"AppleCare+"(アップルケアプラス)必要
✔︎本体やソフトウエアのサポートを受けたい→"AppleCare+"(アップルケアプラス)必要
✔︎短期間(2、3年以内)の使用→"AppleCare+"(アップルケアプラス)不要
✔︎トラブル自己解決可能、修理コストを覚悟する→"AppleCare+"(アップルケアプラス)不要

初期不良が起きやすいのは最初の1年です。"Apple Care+"延長保証は故障率が低い期間にお金を払うことになります

ただし販売数全体から見ると故障がゼロということはあり得ませんから、どうしても保証を付けたいという場合は"Apple Care+"だけでなく"モバイル保険"やスマホ保険"などに加入するという方法もあります。

"AppleCare+"の特徴はテクニカルサポートです。トラブルの際に自己解決できるユーザーにとってはメリットがありません。そのため"AppleCare+"(アップルケアプラス)はApple製品初心者やトラブルの自己解決に自信がないユーザー向けサービスでもあります。

長期間の使用を想定していて、修理、ソフトウエアや機器の設定などについて丁寧なサポートを受けたいというユーザー向けでもあります。修理だけでなくサポートを受けるための対価という考え方ができます。

"Apple Care+"とは?延長保証プラスαの価値/料金と保証内容

"Apple Care+"(アップルケアプラス)は保証とサポートを延長する有料サービスです。

保証内容と保証期間|"AppleCare+"のメリット

Appleのハードウエア製品には購入後1年間のハードウエア限定保証と90日間の無償テクニカルサポートが付いています。

"Apple Care+"(アップルケアプラス)に加入すると1年間のハードウエア限定保証に加え、延長された保証期間内は条件により無料または自己負担金を支払うことで修理ができます。

ただし、無償修理の対象は"製造上の不具合と材質の不具合"に限ります。

”AppleCare”(無料)と”AppleCare+”(有料)の違いは以下の表の通りです。

種別 保証 保証内容 期間
AppleCare 1年間のハードウエア限定保証 製品に起因する故障(無償修理) 1年間
90日間のテクニカルサポート
AppleCare+ 延長されたハードウエア保証とソフトウエアサポート 製品に起因する故障(無償修理)
過失や使用による損傷・劣化箇所の修理(自己負担金あり)
テクニカルサポート
3年間(または2年間)
製品や支払い方法(月払いまたは一括払い)に依存
期間延長可能(更新)

参考記事:AppleCare+(延長保証)の必要性は保証規約を見よう!保証は限定的!

"Apple Care+"(アップルケアプラス)は過失による損傷の場合、別途修理費用が必要になりますが、通常(AppleCare+未加入)よりも安価に修理サービスを受けることができます。この点ではメリットがあります。

回数制限がありますが、劣化によるバッテリー交換も対象に含まれます。

参考(外部リンク)"Apple Care+"→https://www.apple.com/jp/support/products/(外部リンク)

iPhoneやMacに限らず一般的に工業製品は、購入から1年経過すると故障率が下がります。そのため"Apple Care+"(アップルケアプラス)の延長保証の必要性が下がります。

参考記事:“AppleCare+“ (延長保証)を故障に遭遇する確率でみるとメリットが少ない!

どうしても必要という場合は一般的なモバイル保険やスマホ保険に加入すれば比較的安価に保証を得ることができます。

参考記事:"AppleCare"は通常の1年保証とスマホ・モバイル保険でカバーできる!

ここで"Apple Care+"価格の一例を紹介します。情報は2022年5月12日時点のものです。




MacBookAirの背面とロゴマーク

AppleCare+ for Macの料金

Mac:3年間の"Applecare+"料金(税込)
MacBook Air・iMac(24インチ)・Mac Studio 22,800円
MacBook Pro(13インチ) 27,800円
MacBook Pro(14インチ) 30,800円
MacBook Pro(16インチ) 42,800円
Mac mini 11,880円
Mac Pro(+Apple Display) 36,080円63,580円

https://www.apple.com/jp/support/products/mac/(外部リンク)

参考記事:MacBook Pro (2016)のバッテリーが膨らんだので修理!

参考記事:MacBook Airが起動しない時は修理で解決!費用・金額など修理詳細を解説!

AppleCare+ for iPadの料金

iPad:2年間の"AppleCare+"料金(税込)
iPad・iPad mini 8,800円(※月払い450円)
iPad Air 9,800円(※月払い480円)
iPad Pro(11インチ) 16,280円(※月払い800円)
iPad Pro(12.9インチ) 18,480円(※月払い900円)

※月払いプランは解約しない限り自動更新

https://www.apple.com/jp/support/products/ipad/(外部リンク)

AppleCare+ for iPhone料金

iPhone:2年間の"AppleCare+"料金(税込)
iPhone SE 第3世代 9,800円(※月払い480円)
iPhone 13(mini)・12(mini)・11 18,800円(※月払い950円)
iPhone 13 Pro(Max) 24,800円(※月払い1,250円)
盗難・紛失プラン/iPhone:2年間の"AppleCare+"料金(税込)
iPhone SE 第3世代 11,800円(※月払い600円)
iPhone 13(mini)・12(mini)・11 20,800円(※月払い1,050円)
iPhone 13 Pro(Max) 26,800円(※月払い1,350円)

※月払いプランは解約しない限り自動更新

https://www.apple.com/jp/support/products/iphone/(外部リンク)

AppleCare+ for Apple Watchの料金

Apple Watch:2年間(Hermesは3年間)の"AppleCare+"料金(税込)
Apple Watch SE・ Apple Watch Series3 5,280円(※月払い250円)
Apple Watch Series7 8,800円(※月払い450円)
Apple Watch Hermes 14,800円(※月払い480円)

※月払いプランは解約しない限り自動更新

https://www.apple.com/jp/support/products/watch/(外部リンク)

AppleCare+ for Apple Displayの料金

Apple Display:3年間の"AppleCare+"料金(税込)
Apple Studio Display 20,800円
Pro Display XDR 63,580円

https://www.apple.com/jp/support/products/display/(外部リンク)


いかがですか?どれも1万円前後から6万円台まで、けっこうな金額ですよね。iPhone、iPad、Macなどを所有して、この金額を払い続けると相当な金額になります。

関連記事→“AppleCare+”の必要性 費用で検証すると五分五分編!




故障率で"Apple Care+"の必要性を考える

では、時間経過による故障率の推移はどのようなものでしょうか。工業製品の故障率について考えました。

初期不良の発生しやすい期間

初期不良とは製造上・設計上の問題あるいは部品や材質の問題によって使用開始直後に不具合が発生することです。

初期不良が発生する確率は購入直後(使用開始後)が最も高く時間経過とともに低下していきます。そして一定の期間を経て最も低い故障率に落ち着きます。

一般的な工業製品には1年の保証期間が付いています。これは初期不良への対応を想定したもです。つまり初期不良の発生は購入後(使用開始後)1年以内に発生することが多いです。

製品を使用する総時間は製品の特性・特徴や使用する人の環境や事情によって差があり、必ずしも同じではありませんが、概ねこの考えがあてはまります。

使用過程における消耗や劣化

工業製品を長期間使用すると摩耗や部材の疲労などで徐々に劣化します。

使用する総時間によって差があるものの初期不良の発生しやすい期間をすぎると故障率は低下します。

さらに使用を重ねていくと部品の作動や干渉・嵌合(かんごう/重なり合いや接合)の状況、熱・湿度やホコリなど様々な要因で摩耗したり劣化していきます。相当時間を経過するとこうした使用の影響により故障が発生します。

使用過程における故障については明確な答えはありませんが、故障率で見ると初期には高かった故障率が徐々に低下します。故障率が最も低下した状態が一定期間継続し、その後は時間経過とともに摩耗・劣化によって故障率が再び上昇します。

製造メーカーは製品不良の状況を把握し、対策を施しますから、発売初期を過ぎて製造されたものは初期不良の発生率自体が低下する可能性があります。

「初期不良」がいつ終息し「使用過程による消耗や劣化」がいつ始まるのかについては、明確な答えはありませんが、"Apple Care+"の延長期間(購入1年以降)が故障率の最も低い期間にあてはまる可能性があります。

関連記事→【AppleCare+の必要性】故障率と不運に遭遇する確率編

【実例】Apple Care+ は必要か?Apple歴20年以上の経験から考える

私の場合、この20年間でApple製品の修理とバッテリー交換の経験は合計6台です。

機種 故障状況
Mac mini 冷却ファン止まらず爆音、購入1年以内、1年のハードウェア限定保証期間内で無償修理
MacBook Air 起動せず、購入から3年6ヶ月、ロジックボードとバッテリー交換で58,300円/税込
MacBook Pro バッテリー誇張、購入から3年4ヶ月、バッテリー交換で21,780円/税込
iPhone 自然劣化によるバッテリー交換(計3台) いずれも購入から2年以上、5,940円/税込

Macは1年以内または3年越えての修理、iPhoneは3台とも2年越えでバッテリー交換という状況です。
この状況だけで考えると"Apple Care+"(延長保証)に加入していたとしても保証期間切れで恩恵を受けることはできません。

こうした経験から私自身は"Apple Care+"(アップルケアプラス)は必要ないと判断しています。

延長保証はスマホ保険やモバイル保険でカバーできる!

macbook-iphone-applewatch
私の場合、勤務先で加入している団体損害保険でスマホの液晶割れや携行品保証などもあるためのでこれで対応が可能です。ただし過失による損傷が対象で自然故障は補償対象外です。

すでに加入している保険で過失による液晶画面割れや損傷の保証に対応できるかもしれませんので、そうした保険に加入していないか確認すると良いでしょう。

また、スマホやモバイル端末向けの保険も販売されていますのでこうした保険を選択肢とすることもできます。

参考記事:"AppleCare"は通常の1年保証とスマホ・モバイル保険でカバーできる!

まとめ:"Apple Care+"の延長保証は機種やユーザーの特性次第!

私は過去に3回だけ"Apple Care+"に加入したことがありましたが、結局メリットはありませんでした。この経験上から"Apple Care+"加入の必要がない、という結論になります。

一方でiPhoneのように持ち歩く機会が多い端末は"Apple Care+"を検討しても良いと思います。

iPhoneをキャリアで購入の際に"Apple Care+"を契約すると月額で700円程度から盗難・紛失補償も付けると千円を超える場合があります。

月額だと払えない金額ではないので契約しがちですが、長年使用することを考えると総額では相当な金額になります。固定費の節約という点でも慎重に検討する必要があります。

結局はリスク(故障や過失損傷の可能性)とコストをどう考えるかです。

あなた自身の経験で何度か過失で損傷した経験があれば、"Apple Care+"を検討しても良いと思います。

あなたの過去の経験をもとに検討してみてください。

私はiPhoneやその他のMacで過失による損傷の経験はありませんし、自然故障や劣化も購入後1年以内、もしくは購入後3年以上という経験しかありません。

人によってはたまたま初めて購入したiPhoneやMacが購入後1年を過ぎた頃に故障した経験を持つ方はいるでしょう。

故障率がゼロになることはありませんから、運が悪かったということもあります。

最後にあらためてまとめると・・・"Apple Care+"は必要ありません!

故障は購入後1年以内に起きることが多い
スマホ保険やモバイル保険でもカバーできる

参考になれば幸いです。

参考記事:MacBook Pro (2016)のバッテリーが膨らんだので修理!

参考記事:iPhone7のバッテリー交換はお手頃価格/修理費用と申込方法!

参考記事:MacBook Airが起動しないので修理で解決!費用はどれくらい?

参考動画→Apple Care+(延長保証)は必要ですか?Apple歴20年の結論!

<ガジェットブログ:Tangerine>


-AppleCare(サポート)
-, ,

© 2022 ガジェットブログ:Tangerine Powered by AFFINGER5