楽天モバイルの通信速度測定|東海道新幹線の高速移動でも使える!|2022年3月

楽天モバイルのUN-LIMIT、実際の通信速度が気になりませんか?
今回は東海道新幹線乗車中の通信速度測定のレポートです。

楽天モバイルの自社回線とパートナー回線の繋がり具合や、実際の通信速度をレポートしています。
高速移動中や主要な駅での通信速度が速いのか、遅いのか気になるところですよね!

今回は東海道新幹線乗車中に楽天モバイル回線、パートナー回線(au)のどちらに繋がるのか?さらにパートナー回線の高速モードオフで最大1Mbpsに制限した時の通信速度を計測しています。

パートナー回線の設定を高速モードオフにしていますので、通信速度が1Mbpsを超えていれば楽天モバイルの自社回線、1Mbpsを下回っていればパートナー回線(au)ということになります。
では、検証結果をレポートします。

※2021年10月現在の情報を追加しました。

楽天モバイルのUNLIMIT、通信速度測定!東海道新幹線篇


まず、測定環境です。
2020年9月6日(日)18:57新大阪発の"のぞみ172号"に乗車し、終点の東京まで行きます。この間、停車駅と駅間の速度を測定します。座席は3列シートの窓側です。

測定機種のスマートフォンにはiPhone SE 第2世代(楽天UN-LIMIT/eSIM)をルーターとして、iPad mini第5世代でテザリング機能を使い測定しました。
測定結果は次の通りです。

場所 状態 通信速度 回線種別 時刻
新大阪駅 停車 31Mbps 楽天回線 18:52
新大阪駅 出発 33Mbps 楽天回線 18:57
茨木市周辺 走行 740Kbps パートナー回線 10:02
京都駅 入線 850Kbps パートナー回線 19:14
京都駅 停車 710Kbps パートナー回線 19:15
関ヶ原周辺 走行 750Kbps パートナー回線 19:35
名古屋駅 入線 30Mbps 楽天回線 19:49
名古屋駅 停車 19Mbps 楽天回線 19:52
名古屋駅 発車 14Mbps 楽天回線 19:52
浜松駅 通過(走行) 790Kbps パートナー回線 20:17
掛川周辺 走行 780Kbps パートナー回線 20:24
熱海周辺 走行 630Kbps パートナー回線 20:46
熱海周辺 走行(トンネル) 850Kbps パートナー回線 20:47
熱海周辺 走行 820Kbps パートナー回線 20:48
小田原周辺 走行 750Kbps パートナー回線 20:54
新横浜駅 入線 800Kbps パートナー回線 21:05
新横浜駅 停車 790Kbps パートナー回線 21:06
新横浜駅 停車 790Kbps パートナー回線 21:06
品川駅 入線 24Mbps 楽天回線 21:15
浜松町周辺 走行 19Mbps 楽天回線 21:20
東京駅 入線 23Mbps 楽天回線 21:22

"のぞみ"の停車駅のうち、「京都」、「新横浜」では楽天回線が掴めずパートナー回線しか掴めませんでした。「名古屋」については入線時はパートナー回線でしたが突然、楽天回線を掴んで高速を維持しました。途中で速度が劇的に変わるのを初めてみました。
結局、途中駅では「名古屋」と「品川」のみが楽天回線という結果に終わりました。

これには後日談があります。

2022年3月30日(水)、久々の出張で改めて通信状況を確認しました。

その結果、新横浜駅が依然としてパートナー回線のままでした。人口カバー率が拡大しているにもかかわらず楽天回線がつかめないのは驚きでした。

前回、楽天回線が掴めなかった品川駅は駅ホームに入る直前とホームに入ってからも楽天回線を掴んでいました

前回の出張時と違うのは滋賀県、岐阜県、愛知県、静岡県、神奈川を走行中もかなりの頻度で楽天回線を掴んでいたということです。人口カバー率が向上していることが実際の使い勝手にも影響しています。

トンネル内を除いて乗車・走行中、通信で困るということはありませんでした。

パートナー回線、制限時"1Mbps"の実力

パートナー回線の速度は710Kbpsから850Kbpsの範囲でした。

ベストエフォート(最大)1Mbpsですので実測では1Mbpsの速度は出ませんが、特に問題となる速度域ではありません。

実際の使用ではストレスがないわけではありませんが、使えない速度でもありません。

どうしてもストレスを感じる場合は高速モードで使用するという方法があります。

パートナー回線では月間5GBの上限がありますので高速モードのオンとオフを使い分けてバランスを取ればいいでしょう。

まとめ


今回は東海道新幹線乗車中の楽天モバイル、UN-LIMITの通信速度をレポートしました。

測定する前からわかっていましたが、一部の駅でしか楽天回線を掴むことができませんでした。

でも、全体を通じていずれの回線も掴めないというエリアはありませんでしたので、実際の使用に不都合はないということがわかります。

実際にPCで仕事をしながら移動をしましたが特に支障がなくビジネスでも使用に耐えるという状況でした。

月間5GBの上限が気にならなければ高速モードで使用すればストレスを感じることはないでしょう。

<ガジェットブログ:Tangerine>


-トピックス(通信速度)
-, ,

© 2022 ガジェットブログ:Tangerine Powered by AFFINGER5