iCloud写真とは?利用方法と注意点、大切な写真を無くさないために

iCloud写真

iCloud写真使ってますか?

iCloud写真とは同期機能を利用した効率的なバックアップであり、iPhoneやiPadで撮影した写真や動画をクラウド上に保存する便利なサービスです。

iPhoneやiPadのストレージ(保存容量)を節約するためには有効なサービスですが、一方で注意も必要です。

過度の心配は不要ですが、iCloud写真のオン・オフ切り替えや写真削除の際、特に機種変更の際に操作を誤ると大切な写真を失うことになります。

この記事はiCloud写真利用の注意点をまとめたものです。

※iCloud写真はMacでも利用できますがこの記事ではiPhoneを前提とします。

iCloud写真とは

基本動作:iCloudと写真データ同期

iCloud写真の基本動作はiPhoneで撮影した写真・動画を本体内とiCloud上で同期・バックアップするものです。

データの圧縮・非圧縮は設定やiPhoneのストレージの使用状況に依存します。

使い方としては写真のバックアップやiPhoneのストレージ容量の節約が目的になります。

他のApple端末との連携

iCloud写真を有効にしている同一Apple IDの端末と同じ写真を共有することができます。便利な機能ではありますが、それぞれの端末のストレージ空き容量を考慮して設定を調整する必要があります。

※連携については同じApple IDにサインインしている端末に限定されます。

iCloud.comにアクセスすることでiPhoneに限らずインターネット上で写真データを閲覧することも可能です。

iCloud写真の利用方法

基本設定

「設定」ー「写真」の項目で「iCloud写真」を有効にします。

これだけでiPhone本体の写真データがiCloud上に保存・同期されます。

iCloud写真の設定画面

付随する設定

「マイフォトストリーム」を有効にするとiPhoneで撮影した最近30日間の写真がアップロードされ、他の端末の「マイフォトストリーム」アルバムで表示することが可能になります。

この場合、閲覧している端末に写真データは保存されません。

「ストレージの最適化」でデータ圧縮

「ストレージを最適化」を有効にすることで、iPhoneのストレージの空き領域が少なくなると本体内の写真・データを圧縮してiCloud上のデータはオリジナル画質の写真を維持します。

「ストレージを最適化」を無効(「オリジナルをダウンロード」を選択)にするとiPhoneとiCloud上いずれもオリジナル画像を維持しますがストレージの空きが少なくなると写真を整理して空き領域を確保する必要があります。

「ストレージを最適化」を有効にするかまたは無効にするかは保有している写真データの容量に応じて決定してください。

写真データが少ない場合は「オリジナルをダウンロード」、写真データが多い場合は「ストレージを最適化」を選択するといいでしょう。

参考記事:iPhone,iPadの容量確認と減った時のおすすめ対策




iCloud写真を無効にする場合の注意点

iCloud写真を無効にしたいという場合の注意点です。

iCloud写真を無効にしiPhone本体で写真データを管理する場合は設定で「オリジナルをダウンロード」を有効にしておきます。この場合はiPhoneにオリジナルの写真データを保存できるだけの容量が必要ですので事前に空き容量を確認・確保しておきましょう。

iCloud写真を無効にしてもiCloud上から写真を削除しない限りiCloud上には写真が保存されたままであることは理解しておいてください。

iCloud上に十分な空き容量があれば機種変更の際に便利に利用することができます。

iCloud写真利用時の注意点

iCloud写真はiPhoneのストレージ(保存容量)を節約するための便利な方法ですが、無料の5GBの容量のiCloudを利用している場合は慎重に利用を検討した方がいいでしょう。

5GBの容量ではそもそも多くの写真を保存するのに向いていません。

iCloudでは写真だけでなくメモやバックアップなど設定次第で様々なデータを保存する場所です。

写真や動画データは1ファイルあたりのサイズが大きいので無料の5GBのiCloudの場合はあっという間にデータが一杯になります。

少なくとも50GB以上、できれば200GB以上の容量が望ましいです。

iCloud写真の利用については慎重に検討しましょう。

iCloud以外のサービス

次にiCloud写真以外の写真保存サービスを簡単に紹介します。

Google Photos

Googleが運営する写真・動画保存サービスです。

アプリを起動すると自動で写真データを保存してくれます。便利ではありますが、データ容量が増えてくると有料サービスを利用する必要がありますので注意が必要です。

筆者の場合は数年前に利用を開始したことから容量が比較的恵まれていますが、それでも15GBでそろそろ満杯になりそうです。

あくまでも補助的に使っています。

✔︎Google Photosの注意点
同期状態にあるためGoogle Photosから写真や動画を削除するとiPhoneの写真アプリからも写真や動画が削除されます。

Amazon Photos

Amazon Prime会員は追加費用なしで写真データを保存することができます。写真の容量は無制限です。

一方で動画については5GBの容量制限があります。

筆者はPrime会員ですが、今のところ利用していません。利用していない理由は管理するものを増やさないためです。

なお、Amazon Driveは2023年12月31日をもってサポートが終了となります。




まとめ

今回はiCloud写真の利用方法について紹介しました。

注意すべき点もありますがメリットや機能を理解すれば便利に使うことができます。

容量確保や費用は必要ですが、手元のストレージだけでは不安という場合は利用を検討する価値があります。

参考記事:iPhoneのバッテリー最大容量の減りが早い原因と対策7項目!

参考記事:iPhoneのデータ通信量を節約するための設定

<ガジェットブログ:Tangerine>



-Apple
-, ,