Sony "LinkBuds S"レビュー!ほどよいノイズキャンセリングとクリアーな音質!

Sonyのワイヤレスイヤフォン"LinkBuds S"を購入しました。今回はそのレビューです。

Link Buds Sの外装

2022年6月に発売された"LinkBuds S"はノイズキャンセリングと外音取り込み機能を持つワイヤレスイヤフォンです。

"LinkBuds S"は音の解像度・明瞭度がクリアーです。ノイズキャンセリング機能は強くありませんが、クリアーな音質でバランスが良いのでながら聴きにピッタリの製品です。

筆者がメインで使用していたAnkerの"Soundcore Liberty Air2"のバッテリー劣化と端末を変更する際の接続に不便さを感じていたため購入に踏み切りました。"LinkBuds S"は"Soundcore Liberty Air2"よりハイグレードになりますがあえて両製品の比較も含めて紹介します。

おすすめワイヤレスイヤホンAnker Soundcore Liberty Air 2 詳細レビュー !

音質

Link Buds Sのケースを開けた状態

音質は程よい解像度でとても聴きやすいです。音自体は低域から高域までフラットな感じですが、イコライジングが可能ですのである程度好みに設定することができます。イコライジングとは別に重低音を補強することも可能です。

筆者は低音を2段階補正して、さらにイコライジングで高域をわずかに補正しています。

Ankerの"Soundcore Liberty Air2"とは価格帯が全く異なるので比較は公正ではありませんし、"Soundcore Liberty Air2"自体の音質も良好ですが、音の解像度という点では"LinkBuds S"のほうが自然な感じで聴きやすいです。

"LinkBuds S"は"LDAC"コーデックに対応しておりハイレゾ音源など高音質を楽しむことができます。筆者が使用するiPhoneシリーズは"LDAC"に対応していませんが、"LinkBuds S"が実装する"DSEE Extreme"機能でハイレゾ相当までスケールアップすることができます。

"LinkBuds S"は音の濁りが少なく小音量でも自然に聴くことができるイヤフォンです。

ノイズキャンセリング

Link Buds sのケースと本体背面

筆者にとっては初めてのノイズキャンセリングです。そのため他の機種との比較はできませんが、外音が全く入らない、ということではなく僅かに外音が聴こえます。

外音が聴こえないと不安になるユーザーにはとても良いと思います。

外音取り込みとノイズキャンセリングの切り替えは左耳のイヤフォンを1回タップするだけです。

ノイズキャンセリング機能を効果的に利用するためには適切なサイズのイヤーチップを使って耳との密閉度を維持する必要があります。

筆者にとっては強力すぎるノイズキャンセリングより"LinkBuds S"の程よいノイズキャンセリングが好みなので結果として良かったと思っています。

外音取り込み

LinkBuds-S外音取り込み設定画面

外音取り込み設定をレベル10、声にフォーカス

"LinkBuds S"には外音取り込み機能があります。場所や状況に合わせて外音を適度に取り込んで周囲の状況を把握することができます。

外音取り込みは20段階で調整することができます。さらに人の声にフォーカスする機能が備わっておりこちらもとても便利です。

物騒な世の中になってきているので駅や道を歩くときには便利に使えます。

ノイズキャンセリングと外音取り込みはデフォルト設定だと"LinkBuds S"左耳をタップすると切り替えることができます。

接続方法

Link Buds Sのケース背面

"LinkBuds S"と端末の接続はとても簡単です。ケース背面のボタンを長押しすると前面のランプが点灯するので接続する端末のBluetooth設定で表示された"LinkBuds S"の表示をタップして選択するだけです。

これは接続する端末全てで同じ操作を行います。最大8台までペアリングすることが可能です。

残念ながらマルチポイント(複数同時)接続には対応していません。直前まで接続していた端末に自動で接続します。他の端末で使用する場合は使用する端末側のBluetooth設定画面から"LinkBuds S"を選択すると接続先を変更することが可能です。

すでに触れましたがAnkerの"Soundcore Liberty Air2"の端末切り替えは、一旦接続を解除してから使いたい端末側で接続の操作が必要ということで、操作がとても煩雑でした。

装着方法

Link Buds Sのイヤーチップ

イヤフォン本体の耳への装着はイヤーチップの選択から始まります。購入時はMサイズが装着されていますが、私はLLサイズを使用しています。右耳だけしっくりこない感じがしていますので、しばらく他のサイズを試しながら最適な装着を目指します。

社外品のイヤーチップ探しの可能性もあります。

筆者の場合イヤフォン本体と耳に隙間ができますが、本体が軽いこともありあまり気にする必要はなさそうです。

現状のままでも耳から落ちるという不安はありません。

ここは個人差がありますので、ユーザーによって状況は様々です。

気になるところ

まとめの前にしばらく使ってみて気になるところを紹介します。

製品の素材がサラサラしていて手触りは良いのですが、その分滑りやすく落とさないかということが気になります。

あとは筆者特有の事情でイヤフォンのフィッティングがうまくできていないからだと思いますが、マスクの着け外しの際にイヤフォンが動いて外れやすくなります。実際に耳から落ちたことがあったのでマスク装着時は気をつけるように心がけています。

まとめ

Link Buds Sの説明書

まずは購入後、1週間くらいなので初期レビューとなりました。

クリアーな音質と適度なノイズキャンセリング、外音取り込み機能、接続のしやすさなど満足度の高い製品という評価をしています。

使用を重ねながらこの記事を更新していきます。

<ガジェットブログ:Tangerine>



-オーディオ
-, ,

© 2022 ガジェットブログ:Tangerine Powered by AFFINGER5