デュアルSIMおすすめ例を紹介!通信障害対策 メリット-デメリットも

スマホとSIMカード

スマートフォンでデュアルSIMの運用を考えたことはありますか?
デュアルSIMとは"なんだろう"という方も多いでしょう。
デュアルSIMとは2枚の通信SIMカードの特徴に応じて効率よく使うことです。

今回はデュアルSIMの基本組合せ例についてメリット・デメリットをふまえて紹介します。

筆者は2020年にiPhone SE(第2世代)に機種変更してからデュアルSIM運用を始めました。通信障害時以外に切り替えをすることはほとんどありません。以来ずっとデュアルSIMで、iPhone13 miniに機種変更してからはトリプルSIM(スタンバイはデュアルまで)で運用しています。

コストは上昇しますが、うまく組み合わせればわずかなコスト上昇で便利に使えて、通信障害時に困らないという点などがメリットです。

この記事ではどちらかというと低価格でデュアルSIMを運用できる組合せ例を紹介しています。

デュアルSIMとは

デュアルSIMとはスマートフォンに2枚の通信SIMを挿入して通信会社を使い分けることです。

そのためにはデュアルSIMに対応したスマートフォンが必要になります。最近はデュアルSIM対応のスマートフォンが数多く販売されていますので、端末選びに困ることはありません。

また、デュアルSIMといってもSIMの仕様(物理SIMまたはeSIM)の組合せは主に三通りあります。

1.物理SIM×2枚
2.物理SIM×1枚+eSIM×1(例:iPhone12シリーズやiPhone SE/第2世代)
3.物理SIM×1枚+eSIM×2(例:iPhone13シリーズやiPhone SE/第3世代)
※3.の組合せはトリプルSIMですが、スタンバイ(同時使用)はデュアルまでです。

目的は様々ありますが次の点があげられます。

✔︎通信障害時の代替-異なる通信会社のSIMを使う
✔︎2つの電話番号を使い分けたい-仕事用・プライベート、架電用・受信用など
✔︎電話とデータ通信を生活に合わせて使い分けたい-かけ放題・データ使い放題など

ここであげた以外にも様々な使い方があります。あなたのやりたいことに合せて選択することになります。

なお、iPhoneシリーズのデュアルSIM対応は物理SIMが1枚+eSIMになりますので、デュアルSIM対応についてはeSIMが必須になります。現在eSIMの展開をしている通信会社が限られているため、この点では組合せが限定されます。

デュアルSIM組合せ例

ここで紹介する組合せ例は筆者が実際に使用しているものから、検討中のものに限られます。紹介例以外にもeSIM展開している通信事業者(例:楽天モバイルなど)がありますので組合せの幅はかなり広いと考えられます。

※いずれの組合せ例もpovo2.0(1回線目まで)を除いて通常は契約時に事務手数料とSIMカード発行料が必要になります。

SIMカード

混雑時対策と障害時対策(筆者の現況)

mineo(au)+IIJmio(docomo,eSIM)

10GBプラン(月額1,958円:音声あり)+2GB(月額440円:データ専用/予備)=2,398円
※筆者はeo光+mineoセット割で330円引きで月額2,068円
※mineoの10GB以上のプランはパケット放題Plus無料

現在はこの組合せで使用しています。

IIJmioは昼の混雑時や通勤時の地下鉄での通信が低速になる時の対策として利用しています。長時間の利用ではないので月間2GBでも問題ありません。またIIJmioは家族とのシェアSIM運用で余裕を持っているのでギガを使い切る心配はありません。

メインをauタイプにしているのは私の行動範囲のほとんどでau回線の方が電波の掴みが良いからです。

今のところこの組み合わせが筆者にとってベストといえます。

電話そこそこ、データ通信ガッツリ

mineo+mineo(au、docomo、softbankいずれか組合せ)

10GBプラン(月額1,958円:音声あり)+1GBプラン(月額880円:データ専用)=2,837円
※複数回線割引後=2,727円
10GB以上のプランはパケット放題Plus無料

この組合せは同じ格安SIM事業者ですが、マルチキャリアでau、docomo、softbankが選べるので障害対策を考慮して異なるキャリアタイプを選びます。

筆者の場合は同一端末ではなくiPhoneとiPadで組合わせて使用していましたので実態的にはデュアルSIMとはいえません。

1台の端末でデュアルSIMとして使用する場合、パケットシェアを活用するとSIMを切り替えてもSIMカードごとのデータ消費を気にせずに使うことができます。

mineoの注意点は平日の昼12時台の速度が遅くなることです。筆者の実測値では平均的に200Kbps〜400Kbpsくらいです。

電話そこそこ、データ通信少なめ

povo2.0(au)/音声+IIJmio(docomo)/データ通信

5分かけ放題(月額550円)+ギガプラン(4GB/月額990円)=1,540円

この組合せはauとdocomoの組み合わせです。IIJmio以外の他社であればLINEMO(softbank)のミニプラン(3GB/990円)でも同額になります。

povo2.0はトッピングしなければ無料ですが、6ヶ月の間に有料トッピングがないと利用制限の可能性がありますので、この点に注意が必要です。上記の例は有料トッピングを利用しているのでこの心配はありません。最大64Kbpsという低速ながら通信できるため障害時に生かせるでしょう。

IIJmioは格安SIMの中でも割安でギガの選択肢が多いので便利に使えます。平日昼12時台の速度は低下しますが、mineoと比べると安定しています。

※IIJmioはau回線を選択することもできます。




電話のみ、データ通信ほとんどしない

OCNモバイル(docomo)+povo2.0(au/予備/トッピング無)

500MB(月額550円)+月額0円(6ヶ月ごとに有料トッピング要)=550円

待ち受けにしか使わない、電話しか使わないユーザーにはOCNモバイルが格安で利用できます。そこそこ電話をする場合は完全かけ放題が月額1,430円で利用可能です。OCNモバイルは混雑する時間帯も安定した通信が可能なのでいざという時にも心強いです。

この組み合わせの場合、povo2.0は完全に障害時の予備になります。既出の通りpovo2.0は6ヶ月の間に有料トッピングがないと利用制限などの可能性がありますので、注意が必要です。

電話しない、データ通信少なめ

IIJmio(docomo/音声)+povo2.0(au/予備/トッピング無)

ギガプラン(2GB/月額850円)+月額0円(6ヶ月ごとに有料トッピング要)=850円

この組合せは電話はほとんどせず、データ通信も少ないユーザー向け組合せです。IIJmioは"みおフォン"という専用アプリを使うと電話料金が通常の約半額になります。

※ここで紹介した組合せ例は筆者が利用した通信SIMを中心にしています。紹介した以外にも多くの組み合わせが可能です。ユーザーの志向に合せて組み合わせを検討してください。

※この記事では紹介していませんがキャリア3社と異なる回線の楽天モバイルも選択肢としておすすめできます。参考記事→楽天モバイルは大都市圏や副回線なら使える!2年以上使って不満なし!

※IIJmioはau回線を選択することもできます。

デュアルSIMのメリット・デメリット

デュアルSIMのメリット

まずはメリットから。

なんといっても通信障害時に困ることがない、という点です。通信障害は頻繁には起きませんが、ここ数年の間でもSoftbank、docomo、auのいずれも大規模な通信障害を起こしています。

キャリア3社の回線を借り受けている格安SIM事業者にも同じことが言えます。

デュアルSIMを導入する場合は異なる通信事業者、格安SIMの場合は異なるキャリアのタイプを選びましょう。

通信障害対策だけでなく通信混雑時の対策や二つの電話番号を使い分けるという活用方法もあります。

デュアルSIMのデメリット

デュアルSIMのデメリットはコストです。

2枚の通信SIMを契約するとどうしてもコストが高くなります。

例外的にはauのpovo2.0がトッピングをしなければ基本0円で運用できます。povo2.0をうまく活用出来ればデュアルSIMでもコスト増を回避して運用することができます。

もう一つ、デメリットと呼ぶには微妙ですが、障害時に回線を切り替える場合は操作が必要になるという点です。これは慣れない方にはちょっと面倒ですし、障害自体が滅多に起きないため、いざという時に切り替えができるかどうかがポイントになります。




デュアルSIMまとめ

マルチサイズSIMカード

デュアルSIMの組合せ例、メリット・デメリットを紹介しました。

できるだけコストをかけずに通信障害時に困ることなく運用できればリスクの対策になります。詳しくないユーザーにはハードルがありますが、ここのとろこ起きている大小の通信障害を考えると準備してくことをおすすめします。

<ガジェットブログ:Tangerine>



-トピックス(キャリアと格安SIM)
-,

© 2022 ガジェットブログ:Tangerine Powered by AFFINGER5